このページでは、「成年後見制度」に関する基本的な知識をご紹介いたします。

成年後見制度とは?

成年後見制度(せいねんこうけんせいど)とは、判断能力が不十分なため契約等の法律行為ができない方を後見人等が代理し、必要な契約等を締結したり財産を管理したりして本人の保護を図るものです。

認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分な場合、不動産や預貯金などの財産を管理したり、身のまわりの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり、遺産分割の協議をしたりする必要があっても,自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。また、自分に不利益な契約であっても判断ができずに契約を結んでしまい、悪徳商法の被害に遭うおそれもあります。このような判断能力の不十分な方を保護し、支援するのが成年後見制度です。

成年後見制度の種類

成年後見制度は、大きく分けると、「法定後見制度」「任意後見制度」の2つがあります。

また、法定後見制度は、「後見」「保佐」「補助」の3つに分かれており、判断能力の不十分な方を保護・支援しています。

成年後見制度の種類

・法定後見制度(後見・保佐・補助)

・任意後見制度

☛☛☛「法定後見制度」についてはこちらをご覧ください

☛☛☛「任意後見制度」についてはこちらをご覧ください

当事務所では、任意後見に伴うご相談、文案作成、及び公証役場での諸手続を代行するサービスを行っております。ご相談は無料ですので、下記までお気軽にお問合せください。